公開日: |最終更新日時:

二重整形の手術前後の飲酒にはどんなリスクがある?

二重整形の手術を考えるなら、リスクを最小限に抑えるポイントもチェックしておくことが大切です。二重整形は外科手術になりますが、二重整形に限らず外科手術の術前・術後は飲酒は控えるのが一般的であるとされています。今回は、施術善後の飲酒にどのようなリスクがあるかを詳しく紹介します。

手術前の飲酒について

飲酒は、血行促進効果があり、翌日にむくみが出やすくなるため、術前には控えるべきとされています。
前日はもちろん、可能であれば2~3日前から控えておいた方が良いでしょう。実際にむくみが起こった状態の施術でどのようなリスクがあるのか紹介します。

手術前の飲酒のリスク

むくみが出やすくなり施術に影響

飲酒をすることで利尿効果で体内の水分量が減り、喉が渇きやすくなります。喉の渇きを補うために水分と摂りすぎることになり、余分な水分が体内に溜まってしまうことでむくみが起こります。飲酒の際に食べるおつまみの塩分もむくみの原因となります。むくみが残る瞼で二重整形の手術を行うと、希望どおりの二重に施術できない可能性があります。

術後の腫れに影響

手術前日に飲酒し、アルコールが体内に残る状態で施術した場合、瞼など皮膚の薄い部分では体内の水分調節が上手くいかず術後の腫れが長引く可能性があります。

手術前に気をつけるべきこと

手術前の飲酒は、むくみや血行が激しくなりすぎることで、術後の腫れが長引いたり、希望した通りの施術ができない可能性があるなどのリスクがあることがわかりました。

飲酒だけでなく、おつまみなどに含まれる塩分もむくみの原因になるため、2~3日前から体をむくみにくい状態にしておくことが大切です。

食事も、出汁や酢などを利かせた塩分控えめ、香辛料控えめのメニューで体調を整えておきましょう。二重整形を行っているクリニックでも、多くの医院が施術の2~3日前に飲酒は辞めておくよう奨励しています。

手術後の飲酒について

手術後の飲酒は、まぶたが腫れやすい状態であるため、術後3日程度は我慢したほうがいいでしょう。可能であれば1週間程度控えるほうが安心です。

手術後の飲酒のリスク

お酒はむくみの原因に

むくみは、術後の腫れや内出血が悪化するリスクがあります。飲酒は、お酒自体もむくみの原因ですが、一緒に食べるおつまみの塩分も加わってさらにリスクが高くなります。
むくみの出にくい塩分控えめの食事を心がけ、患部を冷やしたりするなどケアを十分に行う必要があります。

体を温める行為は避ける

ダウンタイム中は激しい運動などは避けて血液の巡りが良くなりすぎないように心がけ、ダウンタイムの期間をできるだけ短くするほうがいいとされています。飲酒は、血行促進につながり、体が温まりやすいのでダウンタイムが長引いてしまうリスクがあります。一週間程度、控えるのがベストです。

手術後に気をつけるべきこと

術後の飲酒は、ダウンタイムが長引いたり、腫れや内出血が悪化するなどのリスクがあることがわかりました。二重整形を行っているクリニックでも、多くの医院が施術の2~3日前に飲酒は辞めておくよう奨励しています。

飲酒以外にも、塩分や香辛料を控えめにした食事を心がけて、むくみがでないようにするのはもちろん、入浴時もぬるめのシャワーで血行が良くなりすぎないようにしましょう。

傷口は、ついメイクで隠したくなるものですが、アイシャドウなどのアイメイクは、症状を悪化させるリスクがあるので2日ほど控えた方が安心です。
コンタクトの着用は、糸が切れてしまうなどのリスクもあるので、メガネを用意して期間を開けて使用するほうがいいでしょう。

福岡おすすめ
二重整形クリニック3院はココ!

二重整形を初めて受ける10代・20代の福岡女子のために、博多と天神にある30院以上の評判を編集部がリサーチ!二重整形を受けた同年代の評価が口コミ広場で4以上(※編集部調べ)で症例もしっかり掲載していたクリニックはこの3院でした!

口コミ広場の評価
(10代・20代)
4.95/5.00
東郷美容形成外科
福岡
丁寧なカウンセリングで
似合う二重が見つかる♡
公式HPで見ることができる症例画像
平行
末広
幅調整
左右対称
強調
目頭切開
口コミ広場の評価
(10代・20代)
4.65/5.00
城本クリニック
福岡院
選べる保証制度が嬉しい
万が一の備えが充実♡
公式HPで見ることができる症例画像
平行
末広
幅調整
左右対称
強調
目頭切開
口コミ広場の評価
(10代・20代)
4.60/5.00
TCB
東京中央美容外科福岡院
目頭切開の症例が豊富
目の大きさ重視なら♡
公式HPで見ることができる症例画像
平行
末広
幅調整
左右対称
強調
目頭切開