公開日: |最終更新日時:

二重整形の治療法:埋没法 or 切開法

ここでは、二重整形の種類(埋没法・切開法)についてくわしく紹介!それぞれのメリット・デメリットをまとめています。

埋没法のメリット・デメリット

埋没法は、メスを使わず、まぶたに医療用の糸を通して内側を数ケ所留めることで二重ラインを作る施術です。切開法よりも手軽な施術で、「プチ二重整形」などとも呼ばれています。

メリット

  • 施術時間が短い(15分~20分ほどが一般的)
  • メスを入れない分、ダウンタイムが短くてすむ
  • 術後の跡が目立ちにくく、周りにバレにくい
  • 施術のやりなおしや、修正が可能
  • 切開法に比べて費用が抑えられる

デメリット

  • 時間の経過や刺激などによって、糸がゆるんだり、取れてしまったりすることがある
  • あまり細かなデザインの希望は叶えにくい

向いている人

やりなおしや修正が可能なので、これから骨格が変化したり、好みが変わったりするかもしれない若い人などに向いています。また、ダウンタイムが短いので、学校や仕事を長く休めない…という人にも選ばれます。メスを入れるのが怖い…まずは手軽なものから試してみたい…という人にもよいと思います☆

切開法のメリット・デメリット

切開法は、 メスを使って行う本格的な二重整形です。目頭側から目尻側まで二重ラインに沿うように切開を行う全切開法、二重ラインの数㎜だけを切開する小切開法に分けられます。

メリット

  • くっきりした深い二重ラインを作りやすい
  • ラインの自由度が高く、「幅広ライン」「ぱっちりライン」など希望のデザインにしやすい
  • まぶたの皮膚がたるんでいる人や脂肪が多い人でも、ぱっちり二重を目指せる
  • 一度施術をすると、元に戻ることがない

デメリット

  • 埋没法と比べてダウンタイムが長い
  • 埋没法に比べると費用が高い

向いている人

二重ラインの自由度が高いので、形にこだわりがある人や細かい要望を出したい人は切開法の方がよいでしょう。また、まぶたの脂肪が厚い人や皮膚がたるんでいる人にも向いています。さらに、もともと二重だけれどもっとラインの幅を広げたいという人や、まぶたの加齢現象を改善したい人にも向いている施術法です!

まとめ

ここまで見てきたように、埋没法も切開法もそれぞれメリット・デメリットがあるので、「どちらの方が良い」ということは言えません。

それぞれの特徴やメリット・デメリットをしっかり把握し、どちらの方が自分に向いているかをよく検討して選びましょう☆

福岡おすすめ
二重整形クリニック3院はココ!

二重整形を初めて受ける10代・20代の福岡女子のために、博多と天神にある30院以上の評判を編集部がリサーチ!二重整形を受けた同年代の評価が口コミ広場で4以上(※編集部調べ)で症例もしっかり掲載していたクリニックはこの3院でした!

口コミ広場の評価
(10代・20代)
4.95/5.00
東郷美容形成外科
福岡
丁寧なカウンセリングで
似合う二重が見つかる♡
公式HPで見ることができる症例画像
平行
末広
幅調整
左右対称
強調
目頭切開
口コミ広場の評価
(10代・20代)
4.65/5.00
城本クリニック
福岡院
選べる保証制度が嬉しい
万が一の備えが充実♡
公式HPで見ることができる症例画像
平行
末広
幅調整
左右対称
強調
目頭切開
口コミ広場の評価
(10代・20代)
4.60/5.00
TCB
東京中央美容外科福岡院
目頭切開の症例が豊富
目の大きさ重視なら♡
公式HPで見ることができる症例画像
平行
末広
幅調整
左右対称
強調
目頭切開