公開日: |最終更新日時:

二重整形とダイエットの注意点は?

「埋没法は痩せると糸がとれる」などと言われることがありますが、これは本当でしょうか。見た目を改善するための努力として、整形やダイエットを行う方は多くいらっしゃいます。ここでは二重整形とダイエットの関係について、紹介していきます。

痩せると糸が取れることは少ない

まぶたの裏に糸を通し、固定する方法で施術を行う埋没法。まれに糸がとれてしまい、二重のラインが消えてしまうことがあります。この原因は主に目に対する刺激だと言われており、目をかいたりするなど強いダメージによるものがほとんどなのです。「痩せるととれる」などと言われることもありますが、実は専門家の間ではダイエットのせいで取れることは考えにくいとされています。反対に10キロ以上太ると、まれに外れるとされています。

糸が取れる原因は主に創部へのストレス

実際に埋没法において糸が外れてしまうというのは、創部へのストレスが主な原因です。ダイエットなどによる体型の変化そのものは基本的に二重が取れることに影響しないと考えられています。糸がとれる原因のほとんどは直接的な刺激によるものとされており、創部の状態が気になるために触ってしまったり、触っている回数が増えることによって創部へのストレスが強まります。そのため触る回数を減らす、触る時は優しくするように心がけるなどといって注意が必要になります。

太りすぎると取れることがある

基本的に体型の変化は糸のとれる原因にはならないと解説しましたが、一部例外のケースがあります。「痩せる」という方向についてはあまり影響がないとされていますが、反対に体重が増えるケースだとまぶたの厚みが変わってしまい糸がとれてしまうことがあります。妊娠するなどして短期間で急激に体重が変わってしまうケースであれば、糸が伸びるなどといった影響を与える可能性が高くなってしまうのです。

ダイエットで二重になる場合も

注意しながら行う方がよいダイエットですが、よい影響を与えることももちろんあります。まぶたのむくみ解消や脂肪燃焼の促進などにより、二重まぶたになる可能性があるのです。しかしながら必ずしも二重になれるわけではない上に、すぐ一重や奥二重に戻ってしまうこともありますので注意しましょう。ダイエットでは二重まぶたの持続性が低い点、目の疲れなどによっても一重まぶたになってしまうことがある点にも理解が必要です。

まぶたの脂肪を減らすエクササイズ

まぶたの脂肪を減らすためには、ダイエットまで行かずともエクササイズが有効ともされています。目の周りの筋肉を鍛えるとともにエクササイズを行えば、よりパッチリした二重を手に入れられる可能性があります。

まぶたの脂肪を減らすエクササイズ

①:ホットタオルで目の周りを温める
②:眉が動かないように、人差し指で押さえておく
③:そのまま目を大きく見開き、30回程度まばたきをする
④:目を強く閉じた状態を5秒程度キープする
⑤:目を見開いた状態を5秒程度キープする
⑥:④と⑤を5回繰り返す

まぶたの脂肪減少と上まぶたのたるみ解消

①:目を閉じた状態で眉を上に上げる
②:そのまま5秒程度キープする
③:眉をもとに戻す
④:①~③を5回1セット、1日2~3セット行う

福岡おすすめ
二重整形クリニック3院はココ!

二重整形を初めて受ける10代・20代の福岡女子のために、博多と天神にある30院以上の評判を編集部がリサーチ!二重整形を受けた同年代の評価が口コミ広場で4以上(※編集部調べ)で症例もしっかり掲載していたクリニックはこの3院でした!

口コミ広場の評価
(10代・20代)
4.95/5.00
東郷美容形成外科
福岡
丁寧なカウンセリングで
似合う二重が見つかる♡
公式HPで見ることができる症例画像
平行
末広
幅調整
左右対称
強調
目頭切開
口コミ広場の評価
(10代・20代)
4.65/5.00
城本クリニック
福岡院
選べる保証制度が嬉しい
万が一の備えが充実♡
公式HPで見ることができる症例画像
平行
末広
幅調整
左右対称
強調
目頭切開
口コミ広場の評価
(10代・20代)
4.60/5.00
TCB
東京中央美容外科福岡院
目頭切開の症例が豊富
目の大きさ重視なら♡
公式HPで見ることができる症例画像
平行
末広
幅調整
左右対称
強調
目頭切開