公開日: |最終更新日時:

二重整形手術でおこる「癒着」とは?

埋没法という手法での二重整形手術を行うと、「癒着」と呼ばれる症状が起こります。二重を長く綺麗に維持するためには、癒着しやすいかどうかは大切なポイントです。埋没法における癒着について、詳しく紹介します。

癒着とは

癒着とは、もともと離れていた組織がくっついてしまう症状で、二重整形の埋没法では、糸で作りたい二重ラインの皮膚と瞼の硬い芯の部分をくっつけさせることで二重を作っていきます。糸で留めた部分が完全に癒着することで、二重が維持できるので、癒着のしやすさは重要です。
しっかりと癒着する期間は、人によって個人差がありますので施術後は目を疲労させないよう、ブルーライトを避けたり、不用意に目をこすったりしない様に意識して過ごすことを心がけましょう。

糸の結び方で癒着しやすさが変わる

埋没法にも様々な種類があり、糸の結び方によって癒着のしやすさなどが変わります。簡単な結び目で行った場合は、糸が緩んだり、取れたりすることもありますが、糸で輪を作るように絡ませる手法で巧妙に縫い合わせることで取れにくくなり、二重が維持しやすくなります。また、本数によっても強度は変わります。複雑な縫い合わせかたになれば、癒着もしやすくなりますが、元の状態には戻しにくくなります。

癒着がデメリットになる人も

埋没法で使用する糸は、体に害のないものを使用していますが、まれに違和感を覚えたり、また二重にしてみたものの元の状態に戻したいと思う人もいるかもしれません。
簡単な縫合の手術であれば、抜糸するだけで元に戻すことができますが、複雑な縫合で手術し、時間も経過していると癒着が進んで抜糸が難しくなる場合があります。
その時は、メスを使用して切開する手術になることもあり、リスクが高くなります。

癒着しない人は切開法がお勧め

瞼が分厚いタイプの方は、癒着しにくい可能性があります。また、花粉症などのアレルギー症状があり、頻繁に目をこすってしまう場合は糸が緩みやすいため不向きです。
簡易な方法での埋没法で二重整形を繰り返し行っている場合には、綺麗な二重ラインが形成できなくなったり、瞼に違和感を覚えるようになることもあります。

その場合は、切開法を選択することをお勧めします。切開法は皮膚を切開して、皮下組織の癒着を強固に起こすよう処置する術法なので、抜糸後も理想の二重ラインを維持しやすくなります。

福岡おすすめ
二重整形クリニック3院はココ!

二重整形を初めて受ける10代・20代の福岡女子のために、博多と天神にある30院以上の評判を編集部がリサーチ!二重整形を受けた同年代の評価が口コミ広場で4以上(※編集部調べ)で症例もしっかり掲載していたクリニックはこの3院でした!

口コミ広場の評価
(10代・20代)
4.95/5.00
東郷美容形成外科
福岡
丁寧なカウンセリングで
似合う二重が見つかる♡
公式HPで見ることができる症例画像
平行
末広
幅調整
左右対称
強調
目頭切開
口コミ広場の評価
(10代・20代)
4.65/5.00
城本クリニック
福岡院
選べる保証制度が嬉しい
万が一の備えが充実♡
公式HPで見ることができる症例画像
平行
末広
幅調整
左右対称
強調
目頭切開
口コミ広場の評価
(10代・20代)
4.60/5.00
TCB
東京中央美容外科福岡院
目頭切開の症例が豊富
目の大きさ重視なら♡
公式HPで見ることができる症例画像
平行
末広
幅調整
左右対称
強調
目頭切開